包茎治療にかかる金額が安いクリニックの探し方

真性包茎やカントン包茎なら保険適用の包茎治療も視野に

通常時でも勃起をした時でも亀頭が皮に包まれて、手でも剥くことができない真性包茎の場合、無理に皮を剥こうとすると痛みが出たり出血したりするため注意が必要です。包茎治療に踏み切る人は多いですが、病院や泌尿器科で保険適用の手術などを受けることができます。ただ、手術後の見た目を重視するなら、包茎専門のクリニックでやってもらうのがおすすめです。
一口に真性包茎と言っても、人それぞれ状態や術式は違い、金額にも差が出るのが通常です。自分の状態をよく見極めて、同じような症例でどれくらいの値段がかかるのかよく調べたり、口コミを参考にするのもおすすめできます。
包皮の入り口が狭すぎて亀頭を締め付けてしまうような状態になるカントン包茎は、手で剥くことはできても元に戻りません。血流障害が起こることもあるため、包茎治療が求められますが、こちらでも泌尿器科や病院で保険適用になることがあります。保険適用ならば値段は安いですし、負担は軽く済みますがやはり仕上がりなどは心配なので、しっかりと事前にリサーチをするのが良い探し方です。専用のクリニックも視野に入れると良いです。

保険適用がない場合の安いクリニックの探し方

安いクリニックの探し方として、ホームページのおおまかな情報だけで決めると、後で後悔することになります。仮性包茎の場合は基本的に保険の適用は無いため、専門のクリニックに依頼をするのが最適です。
多くの仮性包茎の男性は痛みは無くセックスに支障もないのが特徴ですが、見た目的にも綺麗では無いですし、女性ウケも良くありません。刺激に弱く早漏の原因にもなることから、包茎治療に踏み切る人は多いです。
治療法にもいろいろ種類があり、切らずに糸で固定するような方法もあります。切らない包茎治療なら金額を安く抑えることが可能です。時間もかからずに済みますが、包皮が残るため見た目があまり良くありません。その他糸が切れると元に戻るなどのデメリットも考えておくべきです。
包茎治療の値段は、たくさんの要素から構成されています。カウンセリング代から始まって施術代・麻酔代・術後の薬代やオプションをつける場合はその金額も当然かかります。安いクリニックの探し方としては、これら全ての合計金額で比較検討する周到さが必要です。

まとめ

包茎治療で安いクリニックを探すときは、まず自分の状態をよく知ることが肝要です。その上で保険適用のあるなしや、クリニックによって得意としている分野かどうかを調べていきます。見た目や仕上がり・持続性を考えると、包茎治療専門のクリニックにかかるのが無難です。その中で安いところを見つけることができれば、金額を抑えることができます。
かかる金額の要素を、細かく示してあるところを選ぶと良いです。おおざっぱな値段だけで飛びつくのは危険なので、安いクリニックを見つけたらその理由まで調べる用心深さが必要です。